重要なお知らせ:
広島国際アニメーションフェスティバル(広島大会)の今後

重要なお知らせ:広島国際アニメーションフェスティバル(広島大会)の今後
1984年より36年間、広島市と共に開催して参りました広島国際アニメーションフェスティバル/International Animation Festival in Japan – HIROSHIMA(以下、「広島大会」)は、不本意ながら、2020年8月に実施した第18回大会をもって終了することとなりました。>続く

新着情報 

→2021.10.22 update
国際アニメーションデー2021 の開催のお知らせ
International Animation Day 2021
今年も、10月28日の『国際アニメーション・デー/International Animation Day(IAD)』が近づいて参りました。フランスのエミール・レイノーが、1892年に世界で初めてアニメーションを一般公開した日と言われる10月28日を中心に、世界中で ”同時に” アニメーション上映やワークショップ、セミナーなどの催しを行なってお祝いし、アニメーションの普及と発展に努めます。
毎年、およそ40ヶ国が参加する国際的な記念日です。日本のIAD2021は、京都で開催し、国内外の素晴らしいアニメーション・アートを上映いたします。国際アニメーション・デー2021の公式ポスターは、イランのMaryam Mohajer氏によってアートワークが制作され、世界各国共通で使用されます。
詳しくは国際アニメーションデー2021 公式サイトをご覧ください。

国際アニメーション・デー/International Animation Day 2021
IAD 2021 in 京都:京都芸術大学
※今年の「IAD 2021 in 京都」は、新型コロナウィルス対策のため、京都芸術大学・大学院の学生と教職員を対象にした特別授業として実施します。なお、新型コロナウィルスの感染状況が改善された場合は、「公開講座」として開講することも検討しています。「公開講座」が可能になりましたら、改めてご案内いたします。 申し訳ございませんが、ご理解いただけますと幸いです。

国際アニメーションデー2021 公式サイトはこちら

→2021.8.4 update
伊藤有壱さんと I.TOON の作品や活動の最新ニュース!
伊藤有壱さんと I.TOON の作品や活動の最新ニュース

短編アニメーション『ハーバーテイル』10周年記念テレビ放映!
 8月10日、11日、12日、いずれも 6:15〜6:30pm、テレビ神奈川にて。
 秋には10周年記念展も予定。
I.TOON ホームページTwitterFacebook

JARO『ダメダメ3匹編』TVCM
ダメダメ三匹のトーク うそピョン編
ダメダメ三匹のトーク コダイ編
ダメダメ三匹のトーク まぎらワシ編

『ガーデンネックレス横浜 2021』
 I.TOONが拠点を構える横浜で春と秋に開催される都市緑化イベント。
 伊藤さん制作の公式マスコット「ガーデンベア」が活躍してすでに5年目。
 今年も秋に開催予定。
秋の里山ガーデン公式サイト

『ニャッキ!』TV放送26年目突入。
 クレーンゲームも絶好調展開中!!
 「ニャッキ!」の可愛いぬいぐるみやランチボックス!
エイコープライズ公式ホームページ

皆様、お楽しみください!

→2021.3.3 update
福本英伸さんの「東日本大震災10年イベント 動く紙芝居と歌声の集い」
開催のお知らせ。
福本英伸さんの「東日本大震災10年イベント 動く紙芝居と歌声の集い」開催のお知らせ。
福島には歌いたい唄がある。
福島には語り継ぎたい物語がある。

いくまさ鉄平さんこと福本英伸さんは、東日本大震災以降、福島に通い続け、福島の民話、昔話、震災時の出来事などを紙芝居やアニメーションにし、図書館や学校などに寄贈する活動「ふくしま絵うた本プロジェクト」を続けています。
その中から、浪江町の消防団の物語『無念』、そして浪江町の介護施設の避難の物語『私は帰らない』が上映されるほか、「ともしび歌声コンサート」が開催されます。新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底した上での実施となります。
皆さま、ぜひ、ご参加ください。

「東日本大震災10年イベント 動く紙芝居と歌声の集い」
日時:2021年3月12日(金)、開場13:00、開演:14:00
会場:こくみん共済 coopホール/スペース・ゼロ 新宿駅南口徒歩5分
入場料:2,500円(事前申し込み 2,000円)
※前売り入場券については電話、FAX、メールでお申し込みください。開催当日、開場にて現金と引き換えで前売り入場券をお渡しします。

詳細はこちら(PDF)

→2021.2.28 update
ASIFA本部による署名運動「広島市長への請願書:
Save the HIROSHIMA Festival」開催中!
- - - 締切を延長し、3月20日まで署名を受付中です!
ASIFA本部による署名運動「広島市長への請願書:Save the HIROSHIMA Festival」開催中!
ASIFA本部の理事たちが、今後も、これまで通りの広島国際アニメーションフェスティバルを続けてほしい、と昨年12月下旬より、「広島市長への請願書:Save the HIROSHIMA Festival」という署名運動を立ち上げ、応援してくださっています。

現在、国内外のアニメーション関係者やファンの皆様 5,400名以上の方からご賛同の署名やコメントを頂き、大変心強く思っております。
より多くの皆様のご署名をお待ちいたします。

「請願書」サイトはこちら:http://chng.it/NPJdWYDM
締切を延長し、2021年3月20日まで、署名を受付けています!


→2021.1.23 update
オリジナル フレーム切手セット「クリヨウジの猫」発売
クリヨウジの猫 / Yoji KURI's Cats
2月22日、クリヨウジさんのオリジナル フレーム切手セット「クリヨウジの猫」が発売されます。

92歳の今も現役で作品制作に打ち込み、日本のアニメーション界を代表するクリヨウジさんが描いた猫の絵画をモチーフに、切手10枚とポストカード1枚から成るセットです。
ユーモア溢れる猫たちのシュールな世界をご堪能ください!
2/22の「猫の日」にちなみ、東京都内およびクリさんの故郷である福井県鯖江市の一部の郵便局(計95局)で販売。

また、クリヨウジさんのオフィシャルwebショップ〈YOJI KURI official goods〉COOでは、 特典カード付き100部限定セットを販売します。2月21日まで先行予約受付中です。(2月22日より順次発送)

詳細はこちら

→2021.1.20 update
東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 OPEN INNOVATION 2020
『第18回広島国際アニメーションフェスティバル受賞作品と対話する』のお知らせ
International Animation Day 2020
2月5日(金)17:30〜20:00、東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 OPEN INNOVATION 2020『第18回広島国際アニメーションフェスティバル受賞作品と対話する』が開催されます。

グランプリ、ヒロシマ賞、デビュー賞、木下蓮三賞を含む受賞作品、計6作品を上映し、横浜市民をはじめとした一般の受講者が作品と接する機会を設けてくださいます。
また、東京藝術大学大学院のアニメーション専攻学生からの質問等、作家ご本人へのZoomインタビュー映像の一部も公開されます。

COVID-19への最大限の予防対策(予約申込制、1席ずつ間隔をあけた指定座席、開催時間の短縮、場内換気、入口での検温、手指消毒など)を施してのリアル開催となります!

事前申込にて、先着90名予定とのことです。
皆様、ぜひ、お早めにお申し込みの上、ご参加ください。


東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 OPEN INNOVATION 2020
『第18回広島国際アニメーションフェスティバル受賞作品と対話する』


会場:関内ホール 小ホール(神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1)
定員:先着90名予定(入場無料・事前申込制)
日時:2021年2月5日(金) 開場 16:30、開演 17:30(終了予定 20:00)
申込方法:こちらよりお申し込みください。 
申込締切:2月4日(木)18:00

登壇者

木下小夜子(広島国際アニメーションフェスティバル フェスティバルディレクター、ASIFA会長、ASIFA-JAPAN会長)
〇イラン・グエン(東京藝術大学大学院国際担当特任准教授)
伊藤有壱(司会・企画責任者/東京藝術大学大学院教授)

お問い合わせ先
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻
E-mail:contact@animation.geidai.ac.jp
電話:045-227-6041(平日10:00~17:00)/080-4160-8769(当日)

詳細はこちら