AIFA-JAPANとは

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)および 日本支部(ASIFA-JAPAN)について

ASIFA webサイト

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)は、アニメーション芸術の国際的振興とアニメーションを通じた国際的相互理解と友好親善を目的とする、世界で唯一の、アニメーションのための歴史ある国際的な協会で、非営利の組織です。
ノーマン・マクラレン(カナダ)、ジョン・ハブリー(アメリカ)、ポール・グリモー(フランス)、イワン・イワノフ・ワーノ(ソ連)、イオン・ポペスク-ゴポ(ルーマニア)、カレル・ゼーマン(チェコスロバキア)、ボブ・キャノン(アメリカ)、スティーヴン・ボサストウ(アメリカ)、アレクサンドル・アレキセイエフ(フランス)、クレア・パーカー(フランス)、レフ・アタマノフ(ソ連)、イリ・トルンカ(チェコスロバキア)、ジョン・ハラス(イギリス)、エドアルド・ホフマン(チェコスロバキア)等、アニメーション界の巨匠達によって1960年に設立され、本部はフランス・アヌシー市に登録されています。今日では、およそ5,000人の世界中のプロのアニメーション関係者が所属しています。ASIFAは、個人会員で構成される国際組織ですが、活動の促進を図るべく、国や地域で支部を設置することが認められており、現在では40以上の支部/事務所が存在しています。アニメーションの普及と発展のために、また、アニメーションを通じた異文化理解のために、国際的に協力しながら活動を展開しています。

日本では、ASIFA規約に準ずる支部として、1981年12月22日、久里洋二、薮下泰次、手塚治虫、持永只仁、川本喜八郎、木下蓮三を含む22名によってASIFA-JAPANが設立され、初代会長には、当時すでにASIFA理事を務めていた木下蓮三が選出されました。
木下蓮三は、1997年1月に逝去するまで会長を歴任し、ASIFA-JAPANと共に、日本および世界のアニメーション界の発展に深く寄与しました。その功績は計り知れません。
ASIFA-JAPANでは、設立当初より、定期総会を年1回開催し、また、3年毎に役員改選を行なっています。現在では、76名の日本を代表するアニメーション作家や関係者が所属し、ASIFAの精神の下、活動しています。

ASIFA-JAPANは、1984〜2020年、アジアで初めてのASIFA公認国際映画祭として、広島国際アニメーションフェスティバルを運営、共催してきました。広島市とASIFAとが「愛と平和」を願う心を共有し、木下蓮三・木下小夜子両氏によって設立されたこの映画祭は、1985年に被爆40周年記念事業として第1回大会が開催されて以来、コンペティション、特別上映、展示、セミナー、ワークショップ、 エデュケーショナル・フィルム・マーケット等から成る、アニメーションの総合的な国際文化事業として、ほぼ2年毎に継続開催。現ASIFA会長/ASIFA-JAPAN会長でもある木下小夜子氏が第1回大会からフェスティバルディレクターを歴任し、米国アカデミー賞およびアニー賞の公認も得て、プログラム構成、運営、共に世界で最も質の高い映画祭として高く評価され、また、優れた才能が発掘される場所として、アニメーション関係者のみならずメディア界全般から注目を集めてきました。しかし、2020年の第18回大会で突然終了することとなりました。現在、ASIFA-JAPANでは、ASIFAの精神を受け継ぐ新たな映画祭「国際アニメーションフェスティバル in JAPAN」の設立に向けて準備を始めています。

このほか、毎年開催している国際アニメーション・デー(10月28日)記念上映会等を行なっています。

ASIFAおよびASIFA-JAPAN は、機会の公平性、表現の自由の擁護、著作権の保護等を第一義としながら、アニメーション制作者および関係者の社会的、経済的状況の向上に努め、国際的な芸術文化振興と相互理解に寄与しています。

(2021年10月記)