AIFA-JAPANとは

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)および 日本支部(ASIFA-JAPAN)について

ASIFA webサイト

国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)は、アニメーション芸術の国際的振興とアニメーションを通じた国際的相互理解と友好親善を目的とする、世界で唯一のアニメーションの非営利国際組織です。
ノーマン・マクラレン(カナダ)、ジョン・ハブリー(アメリカ)、ポール・グリモー(フランス)、イワン・イワノフ・ワーノ(ソ連)、イオン・ポペスク-ゴポ(ルーマニア)、カレル・ゼーマン(チェコスロバキア)、ボブ・キャノン(アメリカ)、スティーヴン・ボサストウ(アメリカ)、アレクサンドル・アレキセイエフ(フランス)、クレア・パーカー(フランス)、レフ・アタマノフ(ソ連)、イリ・トルンカ(チェコスロバキア)、ジョン・ハラス(イギリス)、エドアルド・ホフマン(チェコスロバキア)等、アニメーション界の巨匠達によって1960年に設立され、本部はフランス・アヌシー市に登録されています。今日では、およそ5,000人の世界中のプロのアニメーション関係者が所属しています。ASIFAは、個人会員で構成される国際組織ですが、活動の促進を図るべく、国や地域で支部を設置することが認められており、現在では40以上の支部/事務所が存在しています。アニメーションの普及と発展のために、また、アニメーションを通じた異文化理解のために、国際的に協力しながら活動を展開しています。

日本では、ASIFA規約に準ずる支部として、1981年12月22日、久里洋二、薮下泰次、手塚治虫、持永只仁、川本喜八郎、木下蓮三を含む22名によってASIFA-JAPANが設立され、初代会長には、当時すでにASIFA理事を務めていた木下蓮三が選出されました。
木下蓮三は、1997年1月に逝去するまで会長を歴任し、ASIFA-JAPANと共に、日本および世界のアニメーション界の発展に深く寄与しました。その功績は計り知れません。
ASIFA-JAPANでは、設立当初より、定期総会を年1回開催し、また、3年毎に役員改選を行なっています。現在では、77名の日本を代表するアニメーション作家や関係者が所属し、ASIFAの精神を引き継いで活動しています。
主な活動として、隔年で開催している広島国際アニメーションフェスティバル(主催:広島市/(財)広島市未来都市創造財団、共催:ASIFA-JAPAN)と、毎年開催している国際アニメーション・デー(10月28日)記念上映会 等があります。

広島国際アニメーションフェスティバルは、ASIFA公認国際映画祭として、1985年、木下蓮三・木下小夜子両氏によって設立され、コンペティション、特別上映、展示、セミナー、エデュケーショナル・フィルム・マーケット、ワークショップ等で構成される総合的な文化事業です。ASIFA副会長でもある木下小夜子が第1回大会からフェスティバルディレクターを歴任し、そのプログラム構成、運営ともに、世界で最も質の高い映画祭として高く評価され、また、優れた才能が発掘される場所として、アニメーション関係者のみならずメディア界全般から注目を集めています。