AIFA-JAPANとは

ごあいさつ

会長 木下 小夜子

国際アニメーションフィルム協会日本支部/ASIFA-JAPANは、才能豊かな日本のアニメーション作家や監督を中心に、アニメーション界の第一線で活躍するプロデューサー、カメラマン、編集者、批評家、研究者、教育者、キュレーター、配給者等、様々なプロフェッショナルな専門家を会員としています。1981年の設立以来、ASIFAの規約に準じながら、日本のみならず世界のアニメーション界の発展の為に活動している非営利組織です。

ASIFAは、1960年に設立され、「アニメーションに関わる全ての人々が国際的に協力し合い、アイディアや経験や情報を自由に交換することにより、アニメーションアートがより豊かに大きく発展することができ、また、アニメーションは平和および全ての人々の相互理解を深めるのに役立つことができる」という信念の下、世界で唯一のアニメーションの為の国際的協会として活動しています。ASIFA-JAPANは、今日、最もアクティブで着実な支部として、会員一人一人が「自分にできる事」に汗を流しています。

昨年2014年、長年の活動の一つである広島国際アニメーションフェスティバルが30周年記念大会を迎えることができました。 お蔭様で、アニメーション制作者を最も大切にする映画祭として、国内外から高い評価をいただいております。毎回、世界各国から多くの作品がエントリーされると共に、期間中の参加者も海外からも大変多く、映画祭全体がマーケットとして機能しています。
第一回から温かいご支援をいただいている広島市民の皆様をはじめ、大会運営の継続にご協力くださっている多くの組織・個人の方々に、心より、感謝申し上げます。 現在は、来夏8月18日(木)〜22日(月)開催予定の第16回大会 HIROSHIMA 2016に向けて準備を進めており、今後、40周年、50周年、と継続発展することを願っております。

国際アニメーション・デーの日本での開催も、今年で11年目になります。
非営利組織であり、一つ一つの歩みは小さくとも、継続の大きな力が着実に実を結び、若い世代の才能の開花に具現化されていることを大変うれしく思っております。 今後とも、ASIFA-JAPANの活動へのご理解ご協力を、よろしくお願い致します。

2015年10月
会長 木下 小夜子


バックナンバー 2013年 2012年 2011年