広島国際アニメーションフェスティバル

広島国際アニメーションフェスティバル

広島国際アニメーションフェスティバルについて

広島国際アニメーションフェスティバル

(上) 映画祭会場
”アステールプラザ”
(下)第1回大会公式ポスター
illustration:久里洋二

広島国際アニメーションフェスティバルは、2年に一度、広島市で8月に開催される、国際アニメーションフィルム協会(Association Internationale du Film d’Animation ASIFA) 公認の映画祭です。『愛と平和』の精神の下、アニメーション芸術の発展を通した国際異文化交流を促進しながら、映像メディア文化の振興・発展に寄与しています。
主催:広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団。 共催:国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-Japan)。 アヌシー、オタワ、ザグレブと共に、世界4大アニメーションフェスティバルの一つとして知られています。

広島国際アニメーションフェスティバルは、国や言語を超えた人類共通のメディアであるアニメーション芸術の国際的振興とアニメーションを通じた国際的相互理解を目的とするASIFAの心と、世界の恒久平和を願う広島市の心が一つになって、1985年、被爆40周年記念事業として創設されました。当時、ASIFA理事・ASIFA日本支部会長であったアニメーション作家の木下蓮三とASIFA日本支部事務局長であった木下小夜子が企画実現に尽力し、以後、今日まで、運営の基礎固めと発展に力を注いでいます。
世界各国・地域から応募される最新の短編アニメーション作品から公開審査によりグランプリ、ヒロシマ賞、デビュー賞、木下蓮三賞等の優秀賞を選定するコンペティションのほか、国内外の優れた作家の特集、長編作品、子ども向け作品、平和のための作品、学生優秀作品等を上映する特別プログラム、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、展示、エデュケーショナル・フィルム・マーケット等で構成する総合的な映画祭です。プログラムと運営の国際的な質の高さは、アニメーション界のみならず広くメディアアート界全般に高く評価されています。

コンペティションへの応募作品は、2016年8月に開催された第16回大会では世界78か国・地域から2,248作品におよび、映画祭期間5日間の総入場者数も延べ33,129人を数えました。アニメーション制作者を大切にする映画祭として、また、世界に通用するプロへの登竜門として、貢献し続けています。
第16回大会 HIROSHIMA 2016 は成功裡に終了致しました。現在、次回、第17回大会 HIROSHIMA 2018 (2018年8月開催予定)に向けて準備を進めています。

広島国際アニメーションフェスティバル公式サイトはこちら