広島国際アニメーションフェスティバル

広島国際アニメーションフェスティバル

公式声明:広島国際アニメーションフェスティバル(広島大会)の今後

1984年より36年間、広島市と共に開催して参りました広島国際アニメーションフェスティバル/International Animation Festival in Japan – HIROSHIMA(以下、「広島大会」)は、不本意ながら、2020年8月に実施した第18回大会をもって終了することとなりました。>続く

広島国際アニメーションフェスティバルについて

広島国際アニメーションフェスティバル

(上) 映画祭会場
”アステールプラザ”
(下)第1回大会公式ポスター
illustration:久里洋二

広島国際アニメーションフェスティバルは、2年に一度、広島市で8月に開催される、国際アニメーションフィルム協会(Association Internationale du Film d’Animation ASIFA) 公認の映画祭です。『愛と平和』の精神の下、アニメーション芸術の発展を通した国際異文化交流を促進しながら、映像メディア文化の振興・発展に寄与しています。
主催:広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、公益財団法人広島市文化財団。 共催:国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-Japan)。 アヌシー、オタワ、ザグレブと共に、世界4大アニメーションフェスティバルの一つとして知られています。

広島国際アニメーションフェスティバルは、国や言語を超えた人類共通のメディアであるアニメーション芸術の国際的振興とアニメーションを通じた国際的相互理解を目的とするASIFAの心と、世界の恒久平和を願う広島市の心が一つになって、1985年、被爆40周年記念事業として創設されました。当時、ASIFA理事・ASIFA日本支部会長であったアニメーション作家の木下蓮三とASIFA日本支部事務局長であった木下小夜子が企画実現に尽力し、以後、今日まで、運営の基礎固めと発展に力を注いでいます。
世界各国・地域から応募される最新の短編アニメーション作品から公開審査によりグランプリ等の優秀賞を選定するコンペティションのほか、国内外の優れた作家の特集、長編作品、子ども向け作品、平和のための作品、学生優秀作品等を上映する特別プログラム、セミナー、シンポジウム、ワークショップ、展示、エデュケーショナル・フィルム・マーケット等で構成する総合的な映画祭です。プログラムと運営の国際的な質の高さは、アニメーション界のみならず広くメディアアート界全般に高く評価されています。

第18回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA 2020 は、8月20日(木)~8月24日(月)、縮小開催されました。
新型コロナウイルス感染拡大のため、残念ながら、会場での上映や催しはすべて中止し、また、著作権保護の観点から、オンラインでの上映も行いませんでした。
コンペティションには、世界84か国・地域から2,339作品の応募を頂きました。
一次選考審査(オンライン)の結果、59作品(32か国・地域)がコンペティション作品に選定され(https://hiroanim.org/04compe/04-5.php)、国際審査委員がオンラインで作品を視聴、審査し、8月末、受賞作が発表されました。(https://hiroanim.org/04compe/04-6.php
また、実際の上映はありませんでしたが、優れた211作品が6つの特別プログラム(「ベスト オブ ザワールド」「ベスト オブ 学生優秀作品」「学生優秀作品」「平和のためのアニメーション」「子どものためのアニメーション」「現代日本のアニメーション」)に選定され、公式サイトにて発表されました。 (https://hiroanim.org/03schedule/highlights/)

広島国際アニメーションフェスティバル公式サイトはこちら