ASIFA-JAPAN 会員情報

福本 隆司 Takashi Fukumoto

福本 隆司

クリエイティブ・プロデューサー

■連絡先
〒 157-0073
東京都世田谷区砧 8-26-28 エルシオン成城 A-2
株式会社 チュウ・スタジオ
tel & fax:03-5727-9353  
E-mail: fuku@chewstudio.com

略歴

1959年東京生まれ。大阪芸術大学映像計画学科卒業後、大阪大学工学部CGグループで国産初のコンピュータ・グラフィックス(CG)専用システム「Links-1」の開発エンジニアらと共にCGアニメーション制作に取り組む。1982年 日本の草分け的なCG制作会社(株)トーヨーリンクスに設立と同時に入社。劇場版アニメーション『ゴルゴ13』(1983)のCGシーン制作を皮切りに、TV-CMや博展映像など数多くの映像制作に携わる。ディレクターとして短編アニメーション『Bio-Sensor』(1984)、『渚のペピー』(1987)、瀬戸大橋博『タダノ・スペースポート』ライド用映像(1988)など。
1989年(株)ポリゴン・ピクチュアズ入社。オリジナルCGキャラクターの企画開発に取り組む。ディレクターとして短編アニメーション『In Search of Muscular Axis』(1990)、TV-CM『資生堂HGスーパーハード ペンギン・シリーズ』(1995-96)、短編アニメーション『サーカス・シリーズ3部作』(1995-96)など。また、プロデューサーとして『ポリゴン家族』、『the FLY BanD!』(1998)など。
1999年 リンクス入社。CG制作とモーションキャプチャ事業の合併を提案、翌2000年 リンクス・デジワークス設立(2003年から常務取締役、2007年から代表取締役を務める。2010年 IMAGICAに事業統合)。カプコン『鬼武者』CGムービー(2001)、同『バイオハザード』CGムービー(2002)、短編アニメーション『KUDAN』(2008)などをプロデュース。
『KUDAN』は、アルス・エレクトロニカ2008“Award of Distinction”、第12回文化庁メディア芸術祭“優秀賞”、Anima 2009“Best Short Film”はじめ国内外多くのアニメーション映画祭で受賞・入選を果たす。
その後、CGキャラクターと実写映像をリアルタイム合成するMR(Mixed Reality)・AR(Augmented Reality)技術を活用した事業企画や映画のプレビジュアライゼーションに取り組む。
2014年7月より(株)チュウ・スタジオに所属し、長編アニメーション映画の企画制作に取り組む。

2000年度より 大阪芸術大学映像学科 非常勤講師
ASIFA-JAPAN(国際アニメーションフィルム協会日本支部) 会員
VFX-JAPAN会員