ASIFA-JAPAN 会員情報

ダイノ サトウ Dino Sato

ダイノ サトウ

アニメーター、ディレクター/ Animator,Director
CG制作会社を経て、1996年よりフリーランスのアニメーター、CGクリエーター。
武蔵野美術大学、京都造形芸術大学非常勤講師。

■連絡先
〒162-0805 東京都新宿区矢来町75 デザインファーム内
tel: 03-3267-1353
fax: 03-3267-1265
E-mail: dino@dinosato.com
URL: http://dinosato.com/
略歴

1968年 東京都生まれ。
東京理科大学建築学部卒業時、設計ミスは人の命と財産を奪うということに、遅まきながら気付き、
アニメーションであれば奪うのは時間くらいだと盲信。東放学園専門学校を経て、CGアニメーションの道へ。
CG制作会社を経て、1996年よりフリーランスのアニメーター、CGクリエーターとなる。
主な作品に、TREEDOM(1999)、SCRAPLAND(2006)、カエルのハコ(2009)。
2008年、第12回広島国際アニメーションフェスティバルでは、ポスターならびにキービジュアルを手がける。

「カエルのハコ」は週刊アスキー主催の第7回ショートムービーコンテスト(2009)でグランプリを受賞。
「あか あお ふたりで」は 文化庁メディア芸術祭2007に於いて、審査員会推薦作品に、
BIMINI2007(Latvia)では、ウィットと光覚賞(diploma for wit and light perception )を受賞。
アヌシー、シナニマ、アニマムンディ、アニマドリッドなど、多くの国際コンペティションで入選し、
ICA(ボストン)、ポンピドーセンターなど でも上映される。

国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-JAPAN)会員、
武蔵野美術大学、京都造形芸術大学非常勤講師。

作品歴/受賞歴
2009年 ◎「カエルのハコ」

週刊アスキー主催 第7回ショートムービーコンテスト グランプリ受賞(2009)、アヌシー2010(フランス)、アニマドリッド2010 でコンペティション入選。
広島国際アニメーション映画祭、シネマトゥー(スイス)、アニローグ(ハンガリー、オーストリア)、テヘラン国際アニメーション映画祭、モンストラ映画祭(ポルトガル)にて上映。

2008年 ◎「カエルのタネ」

アニフェスト (チェコ)、アニバサウリ5-アニマバスク(スペイン) 、札幌短編映画祭でコンペティション入選
広島国際アニメーション映画祭、ブラティスラバアニメーション映画祭(スロバキア)、テヘラン国際アニメーション映画祭、フェスタアンカ(スロバキア)、ひめじ国際短編映画祭にて上映。

2006年 ◎「あか あお ふたりで」

文化庁メディア芸術祭2007「審査委員会推薦作品受賞」(2007)、ビミニ2007(ラトビア) で「ウィットと視覚賞」受賞(2007)。
アニフェスト(チェコ)、KRATKOFIL(ボスニアヘルチェゴビナ)、アニマドリッド(スペイン)、ジンバブエ国際映画祭、グラナダ国際映画祭(スペイン)にて、コンペティション入選。
アルスエレクトロニカ、コルチェスター国際短編映画祭、シナニマ(ポルトガル)などの映画祭、Cinémathèque Leipzig e.V. (ドイツ)、 Filmhaus Nurnberg (ドイツ)、SALA PARPALLÓ(スペイン)、The Andalusian Center Of Contemporary Arts(スペイン)、Museo Extremeno e Iberoamericano de Arte Contemporaneo(スペイン)などの美術館で上映。

◎「SCRAPLAND」
ビミニ(ラトビア)、インディーリスボン(ポルトガル)、マルチビジョン(ロシア)、フィルムビデオ(イタリア)、アニマドリッド(スペイン)、ジンバブエ国際映画祭、インターフィルム(ドイツ)でコンペティション入選。
広島国際アニメーション映画祭 、オランダアニメーション映画祭、ジャカルタ国際映画祭(インドネシア)、アニマムンディ(ブラジル)、シナニマ(ポルトガル)、ひめじ国際短編映画祭 で上映。
Cinemathèque Leipzig e.V. (ドイツ)、 Filmhaus Nurnberg (ドイツ)などの美術館で上映。

1999年 ◎「TREEDOM」

アヌシー(フランス)、レイプチィヒ国際映画祭(ドイツ)、シナニマ(ポルトガル)、テヘラン国際アニメーション映画祭(イラン)、タフアイ-トュ ルク国際アニメーション映画祭(フィンランド)、メルボルン国際アニメーション映画祭(オーストラリア)、ニュージーランド映画祭、アニマムンディ(ブラ ジル)、ギリシャ国際アニメーション映画祭、プレアデス国際映画祭(フランス、ニュージーランド、日本、アメリカ、フランス)、台湾国際アニメーション映 画祭にて、コンペティション入選。

フレドリクスタアニメーション映画祭(ノルウェー)、FAN国際アニメーション映画祭(イギリス)、メディアウェーブ(ハンガリー)、広島国際アニメーション映画祭 、クレルモンフェラン短編映画祭(フランス)、沖縄映画祭、アニムフェスト(ギリシャ)、ベオグラード ドキュメンタリー・短編映画祭(セルビア)で上映。

ポンピドーセンター(フランス)、ICA-現代美術インスティテュート(アメリカ)、ヤコブバーンズフィルムセンター(アメリカ)、ギンザ・グラフィック・ギャラリーなどの美術館で上映。

「カエルのハコ」

「カエルのハコ」
© Dino Sato, 2009

「カエルのタネ」

「カエルのタネ」
© Dino Sato, 2008

「scrapland」

「scrapland」
© Hiroshi Sato,
Dino Sato, 2006

「あか あお ふたりで」

「あか あお ふたりで」
© U.G. Sato,
Dino Sato, 2006

主な仕事
2011年

「Coka Cola Zero」「ジレットプログライド」
Yahoo Japan連動広告 / ムービー制作
NHK「天才テレビくんMAX ビットワールド」
コーナーアニメーション制作(2009年~)
カルビー商品画像制作
(ジャガリコ、ポテトチップスなど)(2002年~)
バスクリン商品画像制作(2003年~)

2010年

東京国立博物館「東大寺大仏展」 大型映像制作
テレビ東京「のりものTV」 CG制作

2009年

TBS「トリハダもん」 オープニングアニメーション制作
Sony「VAIO Lシリーズ/Media Galley」 TVCF CG制作

2008年

第12回広島国際アニメーションフェスティバル 
ポスター、Tシャツ、チケットデザイン

2007年

国立劇場内 伝統芸能情報館ジオラマビジョン用CG制作

2006年

映画「天使の卵」 オープニング
テレビ東京「とっとこハム太郎」 CG制作
フジテレビ「恐怖の食卓」 番組CG制作

2005年

国立劇場内 伝統芸能情報館ジオラマビジョン用CG制作
フジテレビ「発掘!あるある大辞典2」番組CG制作
PSPソフト「KARAKURI」 CF制作

2004年

PS2用ゲーム、「メタルサーガ~砂塵の鎖~』 CG制作
東京国際包装展 凸版印刷ブース タイトル映像制作

2003年

テレビ東京 「完成!ドリームハウス」 CG制作
NHK「いないいない ばぁ」 コーナーCG制作
劇場版「とっとこハム太郎 ハムハムグランプリ オーロラ谷の奇跡」 CG制作

2002年

ツムラ「ピュアスキン」 CF
NHK「お~い日本」 コーナータイトル制作
フジテレビ 「危機一髪!SOS」 CG制作

2001年

タヒチ観光協会、TVCF、シネアド制作
日本財団C.I.映像制作
NTT PCコミュニケーションズCF制作

2000年

社民党政見放送用CIムービー
平沢進「賢者のプロペラ」 コンサート映像 CG制作

1999年

NHK BS 番組CF

1998年

豊田市トヨタ会館 展示映像ITS VISON
大和証券CF
トヨタ自動車 Altezzas紹介ムービーCG制作
「平沢進InteractiveLive」 CG制作

1998年

豊田市トヨタ会館 展示映像ITS VISON CG制作
大和証券CF CG制作
トヨタ自動車 Altezzasムービー
「平沢進InteractiveLive」

1997年

VICTOR 70周年記念イベントOpening Movie
Toppan Multimedia Fair映像制作
TBS「1997世界陸上アテネ大会」CF
グァムプラザホテル「TARZA Theater」

1996年

岩井俊二監督「Swallowtail Butterfly」
「大津PARCO」
オープニングCF ディレクション、キャラクターデザイン

1995年

NHK教育テレビ「英語であそぼう」 コーナーCG
ディレクション、キャラクターデザイン
任天堂スーパーファミコンソフト「Virtual Lake」CG制作

1994年

NHK教育テレビ「DREAMS / TechTech KIDS」
ディレクション、アニメーション制作

1993年

YMO再生コンサート
NHK スペシャル「人体2 ”脳と心”」

「第12回広島国際アニメーションフェスティバルポスター」

「第12回広島国際アニメーションフェスティバルポスター」
© Dino Sato, 2008