国際アニメーションデー2021 IN 京都

今年の「IAD 2021 in 京都」は、京都芸術大学・大学院の特別授業として実施します。

なお、新型コロナウィルスの感染状況が改善された場合は、「公開講座」として開講することも検討しています。
「公開講座」が可能になりましたら、当ページおよびASIFA-JAPAN公式サイトの「新着情報ページ」で御案内いたします。
誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどお願いいたします。


公式ポスターをダウンロードできます。
アートワーク: Maryam Mohajer (ASIFAイラン支部会員), デザイン: 佐藤 博一

 

日時

2021年11月23日(火・祝)
15:30開場、16:00開演(20:00終了予定)

 


会場

京都芸術大学

 


講師

木下小夜子 (アニメーション作家/プロデューサー、ASIFA会長、ASIFA-JAPAN会長、米国映画芸術科学アカデミー会員)
大西宏志 (ASIFA-JAPAN理事、京都芸術大学 教授)

 


プログラム

 

16:00〜17:30

第一部:日本のアニメーション上映 – ASIFA 60周年、ASIFA-JAPAN 40周年記念
作品上映:『ASIFA-JAPAN Vol.1』( ASIFA-JAPAN会員による13作品)
レクチャー: 木下小夜子・大西宏志

 

 
<休憩>
 
 

18:00〜20:00

第二部: マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットさんと共に

18:00 – 18:30

作品上映:『アオサギとツル』ユーリー・ノルシュテイン監督作品
     『父と娘』マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督作品

 

18:30 – 18:40 <休憩>

 

18:40 – 20:00

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットによるオンラインレクチャーとQ&A
「作品のアイディアはどのようにして生まれるのか」
(レクチャー言語:英語、 通訳:イラン・グェン)

 


主催

国際アニメーションフィルム協会 日本支部(ASIFA-JAPAN)

 


共催

京都芸術大学 大学院デザイン領域情報デザイン学科

 


連携企画

京都芸術大学 特別研究制作助成成果発表事業:「広島国際アニメーションフェスティバル写真展」