新着情報 

→2014.07.30 第15回広島国際アニメーションフェスティバル
HIROSHIMA 2014 開催!
第15回大会HIROSHIMA 2014
いよいよ第15回大会 HIROSHIMA 2014 を迎える段となりました。今回は30年の大切な節目でもあります。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第15回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA 2014
日時: 8月21日(木)〜8月25日(月)
会場: アステールプラザ
〒730-0812 広島市中区加古町4-17
フェスティバルの詳細はこちら
チケット
大会公式プログラム発表!

→2014.07.24 第15回広島国際アニメーションフェスティバル ポスター展
第15回広島国際アニメーションフェスティバル ポスター展
「銀座ギャラリー」にHIROSHIMA2014の公式ポスターが68枚、展示されています!銀座有楽町マリオンの下から、日比谷駅に続く、地下鉄乗り換え通路の両側壁が「銀座ギャラリー」です。8月6日まで、久里さんの色っぽいポスターがずらりと並んでいます。「HIROSHIMA?! 色っぽい?! アニメーション?!・・・」などなど、話の種になったら嬉しいです。銀座へお出かけの際は、是非、ご覧ください。

第15回広島国際アニメーションフェスティバル ポスター展示
日時: 7月16日(水)〜8月5日(火)
会場: 銀座ギャラリー
詳細はこちら

→2014.03.30 倉嶋正彦さんの展覧会、開催中です!
『読むこころみ展  -- 見立て、解読、参加する、意外と身近な現代アート -- 』
倉嶋正彦さんが『読むこころみ展 -- 見立て、解読、参加する、意外と身近な現代アート -- 』に出品されています。4月6日(日)まで、神楽坂の "えすぱす ミラボオ" にて開催中です。皆様、ぜひ、お出かけください!

ギャラリーから
アート作品は個々の作家の頭脳、感性、そして手わざの活動の所産といえますが、その意図するところが見る者にそのまま伝わるとは限りません。特に現代アートと呼ばれる分野では、表現が抽象的であったり極端なまでに対象がデフォルメされることが多いので、いったい何を表しているのかなかなか解りにくいということがよくあります。この展示の企画者はそうしたオーディエンスの悩みを“見立て”や“絵解き”の手法を用いて、つまり自ら参加することによって解決できるのではないかと言っているようです。 一見難解そうな作品も、鑑賞する側が主体的に「この形は○○を表現している」「この図柄は現代社会の矛盾を風刺している」「この色は将来への希望を表している」などと感ずるままに読み解き、感情移入する…そうした作業をとおして作品に“参加”すれば、現代アートはもっとおもしろく楽しいものになる・・・

『読むこころみ展 -- 見立て、解読、参加する、意外と身近な現代アート -- 』
日時: 開催中〜4月6日(日)まで
会場: えすぱす ミラボオ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-36-1 神楽坂ビル2F
E-mail: e.mirabeau@gmail.com
TEL/FAX: 03-6228-1884
詳細はこちら

→2014.02.22 水江未来さんのオムニバス長編アニメーション
『ワンダー・フル!!』2月22日(土)より、全国ロードショー!
【ワンダー・フル‼︎】配給:マコトヤ + CALF
水江未来さんのオムニバス長編アニメーション『ワンダー・フル!!』(79分) が2月22日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開されるのを皮切りに、横浜、大阪、京都、神戸、伏見、札幌など全国で順次ロードショーされます!

『ワンダー・フル!!』は、ベルリン国際映画祭でワールドプレミアされた最新作『WONDER』をはじめ、世界の映画祭で高く評価されている『MODERN No.2』や『FANTASTIC CELL』など14作品を長編にまとめた作品です。ヒューマントラストシネマでは、2月28日(金)まで、「水江未来イラストレーション展」も開催されています。ぜひ、お近くの劇場へお出かけください!

詳細はこちら