新着情報 

→2019.11.6 update
八代健志さんの「OPEN INNNOVATION2019」東京藝大大学院映像研究科アニメーション専攻公開講座のお知らせ
『OPEN INNNOVATION2019』東京藝大大学院映像研究科アニメーション専攻公開講座
この度、「東京藝大大学院映像研究科公開講座『OPEN INNOVATION 2019』八代健志 手から生み出されたパペットアニメーション新境地『TECARAT』の錬金術」が開催されます。2019年の今回は、人形造形、素材、背景美術、高精細度映像、演出等、かつてない独創性に満ちた 人形アニメーション映画『ごん GON,THE LITTLE FOX』を完成させたばかりの八代健志監督、アニメーション制作のために立ち上げられたスタジオ「TECARAT」の創作スタイル、そして作品自身にスポットを当てます。
皆様、ぜひ、お誘い合わせの上、お出かけください!

「OPEN INNNOVATION2019」
日時:2019年 11月23日(土)
講師:八代健志 / 企画・進行 : 伊藤有壱
会場:東京藝術大学大学院映像研究科  馬車道校舎
〒231-0002 神奈川県横浜市中区本町4-44

開場:13:00 ※12:30より受付にて整理券を配布いたします
第1部 13:30-15:00 上映
「ノーマン・ザ・スノーマン 〜北の国のオーロラ〜」
「眠れない夜の月」
「ごん GON,THE LITTLE FOX」

第2部 15:30-17:30 講演

詳細はこちら

→2019.09.18 update
国際アニメーションデー2019 の開催のお知らせ
International Animation Day 2019
今年も、10月28日の『国際アニメーション・デー/International Animation Day(IAD)』が近づいて参りました。フランスのエミール・レイノーが、1892年に世界で初めてアニメーションを一般公開した日と言われる10月28日を中心に、世界中で ”同時に” アニメーション上映やワークショップ、セミナーなどの催しを行なってお祝いし、アニメーションの普及と発展に努めます。
毎年、およそ40ヶ国が参加する国際的な記念日です。 日本のIAD2019は、京都・野々市・あつぎ・韮崎・広島の5つの都市で開催し、世界の素晴らしいアニメーション・アートを上映いたします。国際アニメーション・デー2019の公式ポスターは、 ASIFAヘラス支部のGiannis Koutsouris氏によってアートワークが制作され、世界各国共通で使用されます。
詳しくは国際アニメーションデー2019 公式サイトをご覧ください。

国際アニメーション・デー/International Animation Day 2019
IAD 2019 in 京都
会場:京都造形芸術大学 望天館 4階、BT41
日時:10月18日(金)17:00〜

IAD 2019 in 野々市
会場:野々市市情報交流館カメリア ホール椿
日時:10月31日(木)18:15〜

IAD 2019 in あつぎ
会場:神奈川工科大学 K1号館 メディアホール(情報学部棟12F)
日時:10月24日(木)17:30~

IAD 2019 in 韮崎
会場:東京エレクトロン韮崎文化ホール 小ホール
日時:10月20日(日)12:30〜

IAD 2019 in 広島
会場:八丁座
日時:10月18日(金)21:30〜

広島市映像文化ライブラリー
日時:
10月27日(日)10:30〜、14:00〜
11月3日(日)10:30〜、14:00〜

横川シネマ
日時:10月28日(月)18:00〜

広島県立美術館 地下講堂
日時:11月2日(土)14:00〜

皆様、ぜひ、お近くのIAD 2019にお出かけ下さい!!

国際アニメーションデー2019 公式サイトはこちら

→2019.07.19 update
お悔やみとお見舞い申し上げます。
この度の (株)京都アニメーションの火災で犠牲になられた方々、そして、ご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
また、負傷された皆様のご回復を心よりお祈り申し上げます。

会長 木下小夜子

→2019.07.11 update
福本英伸さんの、「いくまさ鉄平の福島まち物語展」開催中です!
「いくまさ鉄平の福島まち物語展」
いくまさ鉄平さんこと福本英伸さんは、2011年の東日本大震災以降、福島県に通い続ける中で、福島の民話や昔話、震災時の出来事などを題材とした紙芝居やアニメーションを制作しています。紙芝居は、今ではおよそ150作品にもおよび、福島の皆さんによって、国内外で上演され続けています。「いくまさ鉄平の福島まち物語展」では、これらの紙芝居を基に新たに描かれた作品の展示とともに、福島の皆様による紙芝居の上演も行われています。皆様、ぜひ、お誘い合わせの上、お出かけください!

いくまさ鉄平の福島まち物語展
会場:S-PAL 郡山(JR郡山駅ビル)かぼちゃエリア
会期:7月4日(木)- 31 日(水)
時間:10:00~20:00

詳細はこちら

→2019.05.20 update
久里洋二展「トビダセ モモコ!!」開催のお知らせ。
久里洋二展「トビダセ モモコ!!」
銀座 art space kimura ASK?で、久里洋二さんの個展「トビダセ モモコ!!」が開催されます。

皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。


久里洋二展「トビダセ モモコ!!」
会場:art space kimura ASK?(2F)
会期:2019年5月27日(月) - 6月8日(土)
時間:11:30~19:00 ( 最終日は17:00まで . 日曜休廊 )

詳細はこちら

→2019.04.05 update
ルツェルン現代美術館(スイス)で田名網敬一さんの個展開催のお知らせ。
「Tanaami x adidas Originals」
ルツェルン現代美術館(スイス)で、田名網敬一さんの個展が開催されます。本展覧会は、FUMETTO COMIC FESTIVAL LUZERNとの共同主催展として企画され、田名網敬一作品を、MANGA / COMICという観点で再考察した展覧会です。


<万華鏡のように揺れ輝く田名網敬一(1936-)の作品は、アメリカンコミックの世界とサイケデリックな悪夢、そして日本の文化を繋ぎ合わせます。そのカラフルな構成によって創り出された小宇宙と、その中に登場する唸りをあげる米軍の爆撃機、サーチライト、祖父が飼っていた奇形の金魚などの重要なモチーフは、幼少期に第二次世界大戦を体験したアーティストとしての田名網自身について驚くほど現実的に物語ります。

田名網敬一は日本のポップアートの先駆者として最も影響力のあるアーティストの一人として尊敬を集めています。1960年代に於ける「商業アートと反芸術運動」、「実験芸術と消費文化」といった言論が飛び交う過渡期にそのキャリアを開始し、戦後の少年期に魅せられた紙芝居やアメリカのB級映画、日本の漫画、そしてアメリカのポップアートから独自のスタイルを生み出しました。

本展では、田名網の1960年から現在に至るまでの、コラージュ、版画、ペインティング、ドローイング、アニメーション、立体作品を展示致します。>

(ルツェルン現代美術館ホームページより抜粋、翻訳)


「 Keiichi Tanaami
 solo exhibition at Kunstmuseum Luzern, Switzerland」

会場:Kunstmuseum Luzern
Europaplatz 1 6002 Luzern, Switzerland
会期:2019年4月6日(土) - 5月26日(日)
時間:11:00 -18:00 (火~日曜)、11:00-20:00 (水曜)

詳細はこちら

→2019.01.25 update
田名網敬一さんの新作個展「Tanaami x adidas Originals」開催のお知らせ。
「Tanaami x adidas Originals」
この度、NANZUKAにおいて、田名網敬一さんの新作個展「Tanaami x adidas Originals」が開催されます。本展覧会は、世界的スポーツファッションブランド、adidas Originalsによる 「adidas gallery」 という名を冠した新たなアーティストコラボレーションプロジェクトの一環として企画された特別展です。今回のコラボレーション企画展のために、"Trefoil"と呼ばれるadidas Originals伝統のロゴを配した作品を含む新作のキャンバスを16点と、2点の新作立体作品を発表する予定です。
皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

「Tanaami x adidas Originals」
会場:NANZUKA
東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
TEL:03-3400-0075
会期:2019年2月2日(土) - 3月9日(土)
時間:11:00 -19:00 (日・月・祝祭日定休)
オープニングレセプション:2月2日(土) 18:00 - 20:00

詳細はこちら

→2018.11.19 update
「古川タク 懐かしのセル画でふらメーション」展のお知らせ。
「古川タク 懐かしのセル画でふらメーション」
古川タクさん喜寿 & 文化庁創立50周年記念表彰受彰 記念「古川タク 懐かしのセル画でふらメーション」展が開催されます。「みんなのうた」「コーヒーブレイク」などセルで描いた傑作アニメーションを振り返ります。また、なみきたかし氏とのトークイベントでは、二人のアヌシーでの出会いから、DVD制作秘話を通じ、古川タクさんのアニメーションの心髄に迫ります。
皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

「古川タク 懐かしのセル画でふらメーション」
会場:一日(吉祥寺)
〒182-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-1-3 石上ビル1F
TEL:0422-27-5990
会期: 2018年11月29日(木)-12月10日(月)
時間:12:00~20:30(8日と最終日10日は19:00まで)火曜日定休
主催:アニドウ

トークイベント 古川タク×なみきたかし
テーマ:「ふらふらとアニメーション・セルの巻」
日時:12月8日(土)19:30-21:00(開場19:10)
チケット代:1500円
定員:30名
予約方法:peatixまたは店頭予約

詳細はこちら

→2018.10.16 update
国際アニメーションデー2018 の開催のお知らせ
International Animation Day 2018
今年も、10月28日の『国際アニメーション・デー/International Animation Day(IAD)』が近づいて参りました。フランスのエミール・レイノーが、1892年に世界で初めてアニメーションを一般公開した日と言われる10月28日を中心に、世界中で ”同時に” アニメーション上映やワークショップ、セミナーなどの催しを行なってお祝いし、アニメーションの普及と発展に努めます。
毎年、およそ40ヶ国が参加する国際的な記念日です。 日本のIAD2018は、京都・野々市・広島・あつぎの4つの都市で開催し、世界の素晴らしいアニメーション・アートを上映いたします。国際アニメーション・デー2018の公式ポスターは、 今年は、ASIFA MexicoのRenéCastillo氏と彼のスタジオのアニメーター達によって作成され、世界各国で使用されます。
Official Poster Credits: Misael Barbosa, Juan Pablo Becerra,
Emilia Castillo, René Castillo, Eliant Elias, Ricardo Niño, Mario Ruiz,
Ángeles Vargas & Christian Vázquez.

国際アニメーション・デー/International Animation Day 2018
IAD 2018 in 京都
会場:京都造形芸術大学 智勇館1階 BR11
日時:11月9日(金)18:00〜

IAD 2018 in 野々市
会場:野々市市情報交流館カメリア ホール椿
日時:11月8日(木)18:30〜

IAD 2018 in 広島
会場:広島市映像文化ライブラリー(2階ホール)横川シネマ(ホール)乙女座(ホール)広島市県立美術館(地下講堂)
日時:10月〜11月

IAD 2018 in あつぎ
会場:神奈川工科大学 K1号館 メディアホール(情報学部棟12F)
日時:10月31日(水)17:30~

皆様、ぜひ、お近くのIAD 2018にお出かけ下さい!!
国際アニメーションデー2018 詳細はこちら

→2018.10.16 update
「映像作家 髙橋克雄の世界」のお知らせ。
「映像作家 髙橋克雄の世界」
髙橋佳里子さんのお父様である髙橋克雄監督の上映会と、人形などの製作資料の展示が京都の「おもちゃ映画ミュージアム」で行われます。
30年ぶりに『かぐやひめ』の人形三体揃っての展示や、大阪万博日立グループ館の企画コンペの絵コンテや資料なども披露されます。
11月11日にはアニメーション作家の千光士義和氏、髙橋佳里子さんのトーク、ピアノ演奏で映画を観る企画などが予定されています。

「映像作家 髙橋克雄の世界」
会場:おもちゃ映画ミュージアム
会期: 2018年10月18日(木)~11月11日(日)
時間:10:00~17:00(月・火曜休館)


関連イベント
トークとピアノで観る 映像作家「高橋克雄の世界」作品上映会
日時:11月11日(日)13:00~16:00
会場:おもちゃ映画ミュージアム
※天宮遥さんの生演奏付きで、作品を上映します。
解説は、髙橋克雄監督(1932-2015 )ご息女の佳里子さんと、
愛弟子にあたるダンボール・アニメ―ション作家、千光士義和さんです。

お申込み、上映作品の詳細はこちら

→2018.10.10 update
「アートドキュメント2018クリヨウジの大冒険」展のお知らせ。
「アートドキュメント2018クリヨウジの大冒険」
今年開館20周年を迎える金津創作の森において、開館20周年記念事業として、福井県県出身のクリヨウジさんを招待して「アートドキュメント2018クリヨウジの大冒険」が開催されます。 クリヨウジさんの代表的なアニメーション作品やマンガ、絵画から立体作品のほか、日本テレビ「11PM」で放映された貴重な映像作品まで、60年以上にわたる創作活動を一堂に紹介します。
皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

「アートドキュメント2018クリヨウジの大冒険」
会場:金津創作の森 アートコア ミュージアム-1、ギャラリー、野外
会期: 2018年11月3日(土・祝)~12月16日(日)
時間:10:00~17:00(最終入場16:30)

開幕式
日時:11月3日(土・祝)9:30〜10:00(予定)
会場:金津創作の森 アートコア内(レストラン・アンビション)

関連イベント
「対談」クリヨウジ(招待作家)+土田ヒロミ(金津創作の森館長・写真家)
日時:11月3日(土・祝)14:00~15:30
会場:アートコア ミュージアム-2
※高度成長期の人気TV番組「11PM」について語る。

アニメーション短編作品上映+クリヨウジトーク
日時:11月4日(日)14:00~15:00
会場:アートコア ミュージアム-2
※上映アニメーション:「人間動物園」、「ザ・バスルーム」、「愛」、「椅子」、「The Sun is Down!」、Voice:オノ・ヨーコ ほか

詳細はこちら

→2018.08.23 update
「田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue」展のお知らせ。
「貘の札/Amulet of the Tapir」

京都dddギャラリーにおいて田名網敬一さんの個展「田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue」が開催されます。

本展では、約20点の新作プリント作品、アニメーション、立体作品から、ファッションブランドとのコラボレーションアイテム、出版物、プロダクトアイテムなどを網羅し、田名網さんの現在を紐解く企画です。

皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

京都dddギャラリー 第218回企画展
「田名網敬一の現在 -Keiichi Tanaami Dialogue」

会場:京都dddギャラリー 京都市右京区太秦上刑部町10
会期:2018年8月28日(火)~10月23日(火) (日曜・祝日 休館)
営業時間:11:00~19:00 ※土曜日と9月9日(日)は18:00まで

オープニングパーティ
日時:8月28日(火)18:00~19:00
会場:京都dddギャラリー

トークイベント
ギャラリートーク:田名網敬一 + 宇川直宏(現在美術家 / 京都造形芸術大学教授)

日時:8月28日(火)16:30~18:00
会場:京都dddギャラリー(入場無料、要予約)
※事前申込みが必要ですので、下記リンクよりお申し込みください。

詳細はこちら

→2018.07.30 update
第17回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA 2018 開催!
第17回 広島国際アニメーション・フェスティバル HIROSHIMA 2018
いよいよ第17回大会 HIROSHIMA 2018 が開催されます!多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第17回広島国際アニメーションフェスティバル HIROSHIMA 2018
日時: 8月23日(木)〜8月27日(月)
会場: JMS アステールプラザ
〒730-0812 広島市中区加古町4-17
フェスティバルの詳細はこちら
チケット
大会公式プログラム発表!
大会リーフレットはこちら (PDF)

→2018.06.26 update
展示、アニメーション上映
「 DREAMLAND ー水江未来のアニメーションのミライー」のお知らせ
DREAMLAND ー水江未来のアニメーションのミライー
7月2日(月)~14日(土)、東京・京橋の art space kimura ASK? にて、水江未来さんの展示、アニメーション上映「DREAMLAND ー水江未来のアニメーションのミライー」が開催されます。

「WONDER」などの近作や、最新作「DREAMLAND」の上映と、アニメーション原画、ストーリーボードなどのメイキング展示や、絵画作品「Progress of humanity/人類の進歩」も展示されます。
また、展示会限定のグッズも販売され、 「DREAMLAND」「WONDER」「JAM」「FANTASTIC CELL」「LOST UTOPIA」などのアニメーション原画ほか、DVD、缶バッジ、ポストカード、クリアファイルなど多数用意されています。
皆様お誘い合わせの上、是非お出かけください。

DREAMLAND ー水江未来のアニメーションのミライー
日時:7月2日(月)~14日(土) 11:30~19:00 (日曜休廊)
会場: art space kimura ASK? (東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F)
入場料無料

詳細はこちら

→2018.05.21 update
トークイベント ・デジタル発 和書の旅「 山村浩二、蕙斎に逢いにゆく」のお知らせ
和書の旅「 山村浩二、蕙斎に逢いにゆく」
6月16日(土)、国文学研究資料館において、山村浩二さんのトークイベント「山村浩二、蕙斎に逢いにゆく」が開催されます。

和書という豊かな土壌と最新のデジタル技術のコラボレーションから、新たな発想と表現を見出す「デジタル発 和書の旅」シリーズ第二弾です。日本を代表するアニメーション作家・山村浩二さんと、国文学研究資料館のロバート キャンベル館長・木越俊介准教授によるトークセッションになります。
江戸時代に活躍した絵師・鍬形蕙斎(くわがたけいさい)の作品をひもときながら、山村さんが制作中の新作アニメーション「蕙斎、夢見の絵」の予告編上映や原画なども披露されます。

トークイベント ・デジタル発 和書の旅「 山村浩二、蕙斎に逢いにゆく」
日時:6月16日(土)14時開演(13時半開場~16時終了予定)
会場: 国文学研究資料館 2階 大会議室 (東京都立川市緑町10-3)

※事前申込みが必要ですので、下記リンクよりお申し込みください。

詳細はこちら

→2018.04.17 update
「絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ」展のお知らせ
「チェブラーシカ展」
「絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ」展が、5月12日より、釧路市立美術館において、柴田勢津子さん(株式会社イデッフ)の企画協力により開催されます。

南国産のオレンジの入った箱に詰められてやってきた不思議ないきもの、チェブラーシカ。1967年出版の童話に初めて登場し、アニメによって大人気となったキャラクターです。 本展は『ワニのゲーナとおともだち』発表50周年を記念し、絵本の原画とともに最新作となる人形アニメのマケットや資料なども展示します。
皆様お誘い合わせの上、是非お出かけください。

「絵本とアニメから生まれたキャラクター チェブラーシカ展」
会期:5月12日(土)〜6月24日(日)月曜休館
会場:釧路市立美術館 (北海道釧路市幣舞町4−28)
開館時間:10:00〜17:00 金・土曜は~20:00
料金:一般(当日:¥700、割引券:¥600)、前売・団体券:¥500、大学生以下:無料
   ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方
    および付き添いの方は無料。

詳細はこちら

→2018.03.12 update
伊藤有壱さんの「ストップモーション アニミズム展」開催中!
「ストップモーション アニミズム展」
FEI ART MUSEUMにて開催されている「ストップモーション アニミズム展」にて、伊藤有壱さんの ニャッキ!第4話「食う/トイレットペーパー/空きビン」[5min.]、HARBOR TALE[18min.05sec.]の2作品が上映されます。
本展では、東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の「立体領域」が輩出した修了生の学生時代の作品の上映の他、複数の作家によるトークイベントやワークショップも開催されます。皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

「ストップモーション アニミズム展」
会期:3月4日(日)〜3月18日(日)月曜休廊
会場:FEI ART MUSEUM:横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
開館時間:10:00〜19:00 最終日17:00まで
料金:入場無料

トークイベント
日時:3月17日(土)13:00〜

参加作家によるワークショップ(各回1時間程度を予定しています)
講師:講師:伊藤有壱、白石慶子
日時:
3月17日(土)15:00~/17:00~
3月18日(日)13:00~ /15:00~
開始1時間前より申し込み開始。先着5名まで。

詳細はこちら

→2018.03.12 update
「久里洋二90歳記念展」開催のお知らせ。
「久里洋二90歳記念展」
久里洋二90歳記念展」が、3月13日より、銀座 ギャラリーヴィヴァンにおいて開催されます。
3月13日には、17:00よりオープニングパーティが行われます。

「子供の頃は、人生は50年と思っていたが、今は人生100年。絵がへたになったり、うまくなったり。 久里洋二」

皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。

「久里洋二90歳記念展」
日時:3月13日(火)~ 25日(日)
会場:ギャラリーヴィヴァン
開館時間:11:00~19:00(最終日17:00)、3月19日(月)休廊

オープニングレセプション
日時:2018年3月13日(火)18:00 – 20:00

詳細はこちら

→2018.03.05 update
「クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム」展開催のお知らせ。
「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」
「クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム」展が、4月7日より、岡崎市美術博物館において、柴田勢津子さん(株式会社イデッフ)の企画協力により開催されます。
クエイ兄弟が大学在学中に制作した作品をはじめ、影響を受けたポーランドのポスター、素描、アニメーション撮影のセットを再現したマケット、映像作品に登場したパペットやタイトルの原画、舞台美術のマケットやスチル写真など、初期作品から近年の活動に至るまでの展開をご紹介します。5月6日(日)のスペシャル・トークには、赤塚若樹さんが登壇されます。皆様、お誘い合わせの上、是非、お出かけください。
(写真:クエイ兄弟『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』よりデコール《プラハの錬金術師》1984年 photo© Robert Baker)

「クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム」
日時:4月7日(土)〜5月20日(日)
会場:岡崎市美術博物館
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料金:一般(高校生以上)1,000円(900円)/小・中学生500円(450円)
展覧会限定フリーパス「Limi‐pass(リミパス)」は1,500円

スペシャル・トーク「クエイ兄弟の夢の世界」
登壇者:滝本 誠 氏(映画評論家)「クエイ兄弟の手作り魔術」
赤塚若樹 氏(首都大学東京教授)「ふたりの好きなもの」
日時:5月6日(日)午後2時~(当日午後1時開場)
会場:岡崎市美術博物館 1階セミナールーム
定員:70名 先着順※午後1時から整理券配布
料金:聴講無料

詳細はこちら

→2018.03.01 update
田名網敬一 / オリバー・ペイン
"Perfect Cherry Blossom"
田名網敬一 / オリバー・ペイン
"Perfect Cherry Blossom"
田名網敬一とオリバー・ペインによるコラボレーション展「Perfect Cherry Blossom」が開催されます。
2017年にロサンジェルスのHammer Museumにて開催された「Hammer Project: Oliver Payne and Keiichi Tanaami」にて展示された2人のアーティストよるコラボレーション作品に、それぞれの新作を組み合わせた展覧会です。

3月17日(土)18:00-20:00 には、オープニングレセプションを開催されます。
皆様、是非お出かけください。

田名網敬一 / オリバー・ペイン "Perfect Cherry Blossom"
会場:NANZUKA 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
   Tel.03-3400-0075
日時:2018年3月17日(土)- 4月21日(土)
   11:00 – 19:00 (日・月・祝祭日定休)

オープニングレセプション
日時:2018年3月17日(土)18:00 – 20:00

詳細はこちら
→2018.02.10 update
「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」開催のお知らせ。
「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」
故相原信洋さんの回顧上映「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」が開催されます。 2016年より進められていたフィルム整理とデジタル化がこのたび完了し、今回の上映では高精細なデジタルで蘇った作品を、年代ごと5プログラムに分けて一挙上映されます。また、上映に合わせてトークイベントも、開催されます。

皆様、是非お出かけください。

「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」
会場:UPLINK
会期:2月10日(土)~2月16日(金)
料金:1プログラム1,500円/UPLINK会員1,000円
詳細はこちら